ウィンカー延長のターンシグナル エクステンションレバー装着。

パーツ

ウィンカーに指が届きにくいのはハーレー特有の作り。致し方ない。

指が短くて、ウィンカーが動かしづらいので、

「ターンシグナル エクステンションレバー」

を購入した。

ウィンカー延長パーツ、と言うとわかりやすい感じ。

 

さっそく取り付けた。

今回購入したのは、

「HD-04119 /  ターンシグナル エクステンションレバー II:ブラック」。

価格は2,145円(税込)。

両面テープで簡単に取り付けられるタイプ。

他の商品では、はめ込みタイプもあったが、工具と技術が必要なため断念。

ただ、両面テープ貼り付けタイプは、取れやすいというデメリットがある。

が、今回の「HD-04119 /  ターンシグナル エクステンションレバー II」は、前バージョンより工夫されており、多少取れづらいデザインにはなった。

装着後はこんな感じ。

このデザインのおかげで、無理な力を必要とせず使えるようになった。

使い心地としては、指を無理やり伸ばすのではなく、自然に「滑らせる感じ」でウィンカータッチできる。

装着以前は、どうしても、「ウィンカーまで指をがんばって届かせよう」という意識が働き、若干ストレスだった。

が、今回のウィンカー延長のためのターンシグナル エクステンションレバーをつけることで、ストレスがかなり激減した。ありがたい。

なお、モデルや年式によって、形は変わるので、購入前は自身のバイクに合うかどうかはチェックしておこう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました